息子がアルコール依存症になった日・・・回復を信じて

【第二弾】息子が アルコール依存症になって別人に。そして第2のアルコール依存症元夫(父親)に苦しめられた実録

2020.4新型コロナウイルスで最初の緊急事態宣言が出た頃に長男は重度のアルコール依存症を発症した。相談した元夫(父親)も程度は違えどアルコール依存症だった。

【第一弾】息子がアルコール依存症になった日・・母の記録

●2020.6.24~9.17単身赴任先(大阪)でアルコール病棟に3か月の入院。退院時に自宅埼玉へ。
●2020.9.17~11.6私の居住地での(埼玉)通院、再入院先探し。
●2020.11.7父親は「入院通院よりも昼間の時間をどう過ごすかが一番大事」と主張し、
飲酒肯定し、私を全否定して 二人で福岡県(父親の居住地)に行く。
●2020.11.13福岡の病院で初診で「アルコール性肝硬変」と診断されその日に入院。
●2020.11.13~12.15内科に1か月の入院。退院後すぐに再飲酒
●2021.1.28~4.20肝硬変&依存症の悪化で閉鎖病棟に3か月入院(福岡)
★長男の信じられない症状に悲しみ★元夫の信じられない言動に苦しんだ日々でした。

【第二弾】世の中は新型コロナウイルス終息の兆しもなく3度目の緊急事態宣言中です。
長男は今も元夫の下で入退院を繰り返して暮らし、未だ断酒の意志になっていません。

★このブログ本を福岡の主治医に送ったのをきっかけに、元夫の大嘘判明!2021.9.30★

【第三弾】2022年2月~世の中は、いったん激減した新型コロナウイルス感染者が、
オミクロン株の発生によって再び激増しています
【第四弾】2023年4月~記


●元夫の異常な否定は「自己愛性モ●ハラ者」>「アルコール依存症」⇒接見禁止要求
●長男は2022年2月23日埼玉に帰宅、断酒宣言⇒7月13日復職!
★8回もの入院をくり返し、家族とはの「気付き」と、死をも意識せざるをえなかった「底付き」を経て一応終息★
(このブログは仮名であり、医学的情報を含みません)

G-3【閲覧注意!】メデューサの頭【肝硬変のサイン】

医療に繋がっていないアルコール依存症の方、

お腹にメデューサの頭は出現していませんか?

長男のお腹の血管が浮き出ているのを発見した時には

ウルウル・・・食道静脈瘤の診断はされているけど・・・

お腹の静脈瘤まで破裂の危険があるのか?・・・

ウルウルしながら病院に付き添いました。

-----------------------------------------------------

肝硬変で固くなった肝臓には、血液がスムーズに流入しにくいため、血液は慢性的に交通渋滞を起こす。行き場をなくした血液は、他の迂回路を探して心臓へ戻ろうとするため、全身のあちこちの細い血管がコブのように拡張する。
お腹の皮膚の血管が、メドゥーサの頭に生えたヘビのように特徴的な外観を呈するのは、それが理由だ。
門脈圧亢進症とは、肝臓に流入する血管のひとつである門脈内の圧力が異常に上昇している状態を指します。門脈圧亢進症は、肝硬変に伴って発症することが多いです。門脈圧亢進症では、門脈を介して心臓へとうまく血液を送ることができず、別の経路を迂回するようになります。

--------------------------------------------------

長男はすでに肝硬変、門脈圧亢進症の診断は出ているので

メデューサの頭が出現したからどうの・・・

という問題ではないという医者の話でしたが。

医療に繋がっていない方のご家族は注意して診てください。

肝硬変のサインです。

閲覧注意

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

  ↓ ↓ ↓  

   ↓ 

長男のお腹

 閲覧注意

 ↓ ↓ ↓ 

    ↓ 


ネットで拾った写真

-----------------------------------------

メデューサとは、ギリシャ神話に出てくる、髪は蛇になっている、

見る者を石化させてしまう恐ろしく醜い怪物です。

断酒している限り、普通に戻っている長男ですし、痛みとかの自覚症状もないようだから、ともするとアルコール依存症であることも肝硬変であることも忘れてしまいそうですが、

慢性進行性肝障害の末期症状が肝硬変であることを、

この恐ろしい怪獣メデューサの出現で改めて肝に銘じることができます。

患者本人もアルコール依存症家族も。

(イラスト:次男)