息子がアルコール依存症になった日・・・回復を信じて

【第二弾】息子が アルコール依存症になって別人に。そして第2のアルコール依存症元夫(父親)に苦しめられた実録

2020.4新型コロナウイルスで最初の緊急事態宣言が出た頃に長男は重度のアルコール依存症を発症した。相談した元夫(父親)も程度は違えどアルコール依存症だった。

【第一弾】息子がアルコール依存症になった日・・母の記録

●2020.6.24~9.17単身赴任先(大阪)でアルコール病棟に3か月の入院。退院時に自宅埼玉へ。
●2020.9.17~11.6私の居住地での(埼玉)通院先探しを2か月間。
●2020.11.7父親は「入院通院よりも昼間の時間をどう過ごすかが一番大事」と主張し、
飲酒肯定し、私を否定して 二人で福岡県(父親の居住地)に行く。
●2020.11.13福岡の病院で初診で「肝硬変」と診断されその日に入院。
●2020.11.13~12.15内科に1か月の入院。退院後すぐに再飲酒
●2021.1.28~4.20肝硬変&依存症の悪化で閉鎖病棟に3か月入院(福岡)
★長男の信じられない症状に悲しみ★元夫の信じられない言動に苦しんだ日々でした。

【第二弾】世の中は新型コロナウイルス終息の兆しもなく3度目の緊急事態宣言中です。
長男は今も元夫の下で入退院を繰り返して暮らし、未だ断酒の意志になっていません。

★このブログ本を福岡の主治医に送ったのをきっかけに、元夫の大嘘判明!2021.9.30★

【第三弾】2022年2月~世の中は、いったん激減した新型コロナウイルス感染者が、
オミクロン株の発生によって再び激増しています
【第四弾】2023年4月~


●元夫の異常な否定は「自己愛性モラハラ者」>「アルコール依存症」⇒接見禁止要求
●長男は2022年2月23日埼玉に帰宅、断酒宣言⇒7月13日復職!
★8回もの入院をくり返し、家族とはの「気付き」と、死をも意識せざるをえなかった「底付き」を経て一応終息★

違和感「オレパンマン25」の由来【第3弾・あとがき】

2020年、新型コロナウイルスで最初の緊急事態宣言が出た頃、

長男は重度のアルコール依存症を発症した。

 

2020年6月22日。元夫が長男の単身赴任先、大阪マンションに行った日のこと。

この日、新幹線で埼玉自宅に連れてくる約束だった。治療をするために。

「腰が痛いと言って動かない」

「ひとつのめやすとして、パンツ、ズボン、Tシャツ自分で着替えなきゃダメだよ。パンツだって2週間も替えていない。」
俺はパンツまでは知らんよぉ~~」

だ・か・ら!!!

教えて差し上げているんですが~!!!!

な~んにもやらなくなったことを!!!!!

『そうか』でいいだろう!?

なんでそんなことまでいちいち否定しなくては気が済まないのか?

長男のアルコール依存で連絡するようになってから、

元夫の数ある変な言葉の中で、ダントツに違和感を感じた言葉だった。なぜなら、

親だったらそんなこと言わない。言わなくていい、

言葉にして言う必要がない言葉だから。

そして、私の必死の懇願も無視して

目の前で泥酔する長男を一人マンションに置いて・・・元夫は福岡に帰った。

(イラスト:次男)

これが【オレパンマン25】キャラ誕生の由来です。

 

元夫もアルコール依存症の否認なのか??いや、なんか違う・・・

それだけじゃない・・・


長男の病気で連絡するようになってから・・・いや、結婚した当初からあった、

私に対する否定、違和感を感じた言動のすべてが、

『自己愛性モラハラ者』故だということがわかった。

まさに伏線回収のように、すべてが腑に落ちた。

 

記録ブログ第三弾

【息子がアルコール依存症になった日・・・回復を信じて】

は終わります。2023年3月22日